アプリケーション

androidの放熱対策|アプリ開発で必要な時間

放熱対策の種類

ネットワーク

元々パソコンの検索エンジンを開発した会社が作ったOSであるandroidは、スマートフォンもパソコンのようにデスクトップをカスタマイズすることができるように作られています。そのため、今までパソコンを利用してきた人にとっては馴染みやすいOSと言えるでしょう。また、androidは開発元のブランド力から安心感もあります。しかし、androidでは放熱性が問題視されているのです。別のOSのスマートフォンに比べ、androidは熱を持ちやすいために複雑な演算処理が必要になってくるゲームでは、CPUがフル稼働して発熱速度が早まります。それは古い端末だと手に持てないほど暑くなります。そういった場合のためにandroidユーザーの方用のCPUクーラーアプリなどの開発されました。他にも冷却シールを貼って冷やすといった方法もあります。
ついついスマートフォンではやってしまいがちなバックグラウンドでの起動も発熱の原因となるので、処理の重いアプリを動作させるのであればバックグラウンドで起動しているアプリは消しておきましょう。それでも冷えが足りない場合は、スマートフォンケースを外してみるとよいでしょう。

アプリ開発をするためには、多くの時間が必要です。開発の必要な環境を整えることや、開発するために必要な言語知識を覚えること、また開発に必要なソフトの操作方法を覚えなければなりません。アプリ開発を行なっているという個人経営の方もいますが、それは必ずしも成功するというものではありません。成功をするためには人並以上の発想力と努力が必要です。その後のプロモ活動も重要になってきますが、そういった悩みはプロの方に依頼することで解決できます。プロの方に依頼すると、アプリ開発に必要な依頼費さえ払えばアプリの内容やリリース後について一緒に企画してもらうことができ、プロモ活動も支援してくれます。

ユーザーを考慮した作り

パソコンと男性

スマートフォンは端末が小さいため、アプリ開発をするのであればその画面サイズ内でいかに操作しやすくするのかという事も考えて作らなければなりません。プロに依頼するとそういったことも企画段階で話し合って決めます。

この記事を読む

開発に必要なもの

社内風景

iosは端末によって機能に違いがあり、アプリ開発の際もその違いに気をつけなければなりません。個人でアプリ開発をするともなると必要なものを揃えるだけでもそれなりの金額が必要ですが、プロに依頼することで集める必要がなくなります。

この記事を読む

新たな機能と活用性

アプリケーション

年々新たな機能が登場しているiphoneでは、アプリ開発にも大きく影響するような新機能を搭載して登場してきます。その新機能が今後登場してくる新たなアプリにどう反映されていくのか期待が高まります。

この記事を読む